英語リスニング力のために洋楽聞くのは効果がない?受験生が成功するためのただ一つの方法です。

トロント留学体験記(マル秘)
スポンサードリンク



こんにちは!もう本当に留学が近づいてきてわくわくしています、みふたです!

中学生の時から英語を勉強してきて、高校、大学って継続していますが・・・僕リスニングがずっと苦手でした。

今でこそ聞き取れるようになってきましたが、中学高校の時は論外。

リスニングが苦手だったから、学力テストが本当に嫌いだった。リスニング以外の部分は高得点取れるのに、どうしてもリスニング部分はフィーリング()

こんなんで学年トップなんて取れるわけないし、センター試験だって・・・

正直なところ、リスニング練習の正しい方法がわからなかったんですよね。テストの度に落ち込んで、勢いでYouTubeで英語版TEDとか流してみたりしたけど、効果なし。

なんであんなにリスニングが得意な人いるんだろうっていつも思っていました。

英語耳をつくることでしかリスニング対策はできない

ここでリスニング力を上げるためにすべきことの結論です。

最近留学を意識しだしてわかったんですが、リスニングってひたすら聞くことでしか上達しません。そんなことかよって言わないでください。

でも、コツなんてないに等しいというのが事実です。聞き取れるようになるまで聞くしかないです。

高校生までの僕みたいに、リスニングが苦手な多くの人が聞き取れないことに苛立ってすぐにやめてしまいます。だから、ずっと聞き取れないままなんです。

リスニング力の高い人は継続力の高い人です。

あれって耳が英語に慣れてくればマジで簡単に聞き取れるようになります。リスニングが苦手なのではなく、耳が英語に慣れていないだけなのです。

詳しくはわかりませんが、英語の周波数と日本語の周波数がだいぶ違うから、日本人は英語が聞き取りづらいそうです。つまり、その問題を解決するには英語の周波数に耳を慣らすしかない。

思い返せば、大学受験で東京外語大を目指している友達とかは授業中ワイヤレスイヤホンを耳に差し込んでずっとリスニングしてたな()

たしかにわかります。英語のリスニングって、何も聞き取れないと本当に面倒くさくなっちゃうんですよね。でも、そこを我慢して1か月聞いてみる。そうしたら、だいぶ変わってきます。

リスニング練習として洋楽聞くのは見当違い

一番犯しがちな間違いとしては、洋楽をリスニング代わりに聞いていること。

僕自身も洋楽大好き人間だから、気持ちわかります。聞き取れない英会話よりも、EDM聞いてるほうが数百倍楽しい時間を過ごせます。

でも、洋楽は英語のリスニングにとっては本当に意味がありません。

だって、帰国子女だって聞き取れないんですから()英語は英語でも発音が通常とは違ったり、音に合わせるためにめちゃくちゃ早口になっていたりします。

日本人歌手の曲でも聞き取れない曲ってありますよね。それを英語でやっている感覚と同じ。

洋楽を聞いているとあたかもリスニングをしている気になりますが、それは大きな間違いであることに気付いて!

大学で帰国子女の友達結構いますが、洋楽は聞き取れないっていう人がほとんどです。海外生活が長い人でも聞き取れないものは準ジャパには到底無理です。

ラジオのススメ&まとめ

僕のおすすめは海外ラジオをひたすら聞くことですかね。リスニング教材だとネタ切れが発生してしまいますが、ラジオだったら気にすることはない!

しかも、今どきはスマホアプリで簡単かつ無料で利用することができますから、絶対利用すべき!ラジオなら内容に飽きることもありません!

リスニング力向上を目指すのであれば、ストイックに生きるしかないということです。

変なコツなんて調べてないで、ひたすら聞く!

ネットで「リスニング コツ」なんて調べている時間があったら、英語に耳を触れさせる時間にしましょ!以上!

追記ですが、この記事で書いた洋楽が意味がないというのはあくまで受験対策としての話です。ある程度の英語力や英語耳を既にお持ちの方であれば効果はあると考えています!

フィリピン人の友達から洋楽を聞くのはリスニングのためにいいことだと話を聞いています!フィリピンは英語圏ですから英語力はもともとあったはずですが!時間に余裕のある方はやってみてください!

【箔をつける】高学歴は間違いなく得をする!彼らが注目される理由

2018.11.07

【お金を稼ぐ】自分の特技や経験を活かして収入を得る。楽しく簡単に副業をしよう。

2018.11.30
スポンサードリンク