【お金2.0】来たる「価値主義」とは何か?これを読んで今後すべきことに気付く。

充実した大学受験・大学生活
スポンサードリンク



こんにちは!留学が迫っているので少しバタバタしてきました、みふたです。
留学や投資についても、記事を上げていこうかななんて思っています!

突然ですが、皆さんは「価値主義(valualism)」という言葉をご存知でしょうか?

資本主義(capitalism)は僕たちになじみ深く、誰もが大まかな内容を理解していると思います。価値主義は佐藤航陽氏の『お金2.0』でポスト資本主義の姿として紹介されており、また現状でも価値主義の中で活躍をしだしている人が増加していることは事実です。今回は「価値主義とは一体何なのか」と、「価値主義について思うこと」を中心に書いていきたいと思います。

資本主義の延長線上にある「価値主義」

ポスト資本主義として紹介されている「価値主義」について、佐藤航陽氏の『お金2.0』の内容に沿いながら概要を紹介していきます。

まず資本主義について軽く触れておきます。皆さんご存知のように、資本主義経済には給与所得を得て何かを買ったりする「消費経済(実体経済)」と投資家や資産家などをメインとする「資産経済(お金がお金を生む経済)」に分かれます。皆さんはこのうちのどちらの規模が大きいかご存知でしょうか?

僕自身も『お金2.0』を読んでいて驚いたのですが、圧倒的に資産経済の規模の方が大きいみたいです。ほぼ資産経済が占めているくらいの差くらいあるそうです。これが何を意味するかといいますと、お金が僕たちの実感のない場所でとんでもない拡大を続けているということです。

モノはその数が増えれば価値が下がります。これはお金も同様なので、お金の価値は相対的に下がり続けているということです。この代わりに、増やすことがなかなか難しいとされるお金以外のモノの価値が相対的に上がってきていて、この流れが「価値主義」を生み出すと言われています。

尺度ではなく、根本の「価値」に注目する

日頃過ごしていて、「慈善的な活動をしている人」「とにかく信頼できる人」「誰もが認める行動力を備えたリーダー的存在」「Twitterのフォロワーが著しく多い人」などを見かけます。資本主義社会においては「お金」が価値を測る唯一の手段であったため、これらの人々はほぼ無価値であるかのような扱いを受けてしまっていました。

しかし、現代では価値は様々な手段で測ることが可能となってきています。例えば、ITの発達、テクノロジーの発展、SNSでの新たな機能などは、お金を価値を測るための手段の一つにしたと、紹介されています。このような社会になれば、価値を測るための手段は別に「お金」である必要はなくなるのです。

価値を測る手段が多様化すれば、必然的に「価値そのもの」を追求することが求められます。このように考えると、自分自身の真の意味での価値を上げておけば、いつでも他の価値と交換できるようになってくるということです。少し内容が難しいかもしれません。

簡潔に述べると、お金の価値が下がってきたことによって価値を測る手段が多様化し、そのような社会に適応するために「価値」そのものに注目するようになるということです。たとえお金は稼げないモノであったとしても、その人が価値さえ持っていれば他の価値といつでも交換可能な社会になるのです。僕の頭の中ではしっくりくる将来展開であったのですが、皆さんはいかがでしょうか?

【SNS活用】自己ブランディングを行う意味や必要性とただ一つの効率的な方法

2018.11.16

【箔をつける】高学歴は間違いなく得をする!彼らが注目される理由

2018.11.07

「価値」を持つ人が活躍する世の中

これからはお金を稼ぐ人のみが評価されるのではなく、「価値」を持つ人が評価される社会になっていきます。ここでいう「価値」とは、すぐにお金で測ることのできない価値のことを指しています!

最近では様々な「職業」が価値のあるものとして注目されています。例えば、ユーチューバーNPO、プロ奢、インフルエンサー・・・なんでもありですよね()

このうちのユーチューバーを取り上げてみたらわかりやすいですが、この人々は単純にお金で換算される何かをしているわけではありませんよね?「面白いリアクションがとれる」「共感する内容を話せる」といった価値を持っているが故にフォロワーが増え、それを価値の一つの尺度であるお金に換えているだけなのです。

これらは資本主義社会であればなかなか受け入れがたい職業であったのではないでしょうか?しかし、近年これらのジャンルで活躍する人も多く出てきていることは周知の事実ですし、やっぱり「価値主義」が浸透してきているのかなって気がしますよね。

これからは「お金になりにくい価値」を追求することは結構大切になってくるんじゃないかなって思います。

でも、考えてみてください、こんな社会って結構生きやすいかもしれませんよ(笑)自分の好きな「お金にならない」ことに熱中していても、評価を受けるかもしれないのですから!

勿論「価値」というののは希少性が高いと、上がります。誰にでもできることではなく、何か変わった経験・特技を持っていることはすごく意味のあることかもしれません。

来たる社会がどのようなものなのかを知ることで、自分の価値を上げようと行動するモチベーションになりませんか?

【全参加】全ての経験から何かを得る姿勢って大事。誘いを渋るのはただのバカ。

2018.10.31
スポンサードリンク