【当たり前の水準の違い】変わりたいけど変われない自分が嫌ならこの記事を必ず見て何故か気付け

充実した大学受験・大学生活
スポンサードリンク



こんにちは!みふたです!

最近つくづく思うのは、自分の行動を変えることって意外と簡単なんじゃないかということ。これはカナダに来てから何度も考えていることです。

例えば、日本では毎日1.2本ずつ購入し手放すことのなかったペットボトルを購入することを容易にやめられましたし、日本にいるときは家に帰れば用意されていた飲み物やお菓子も今は必要としません。

また習慣的な面においても、日本では一人で起きることのできなかった僕が今では誰の手も借りずに毎日朝6時に必ず起床できる偉い子になりました()

でも、これってどうしてできたと思いますか?

あなたはもしかすると痩せなきゃいけないと心の中で思っているはずなのに、現状ダイエットができていない人ではありませんか?節約したいのについ毎日無駄なモノを購入してしまう人ではありませんか?いつもある習慣についてだめだなと自覚しているにもかかわらず状況を変えることのできていない人ではありませんか?

大体の人が今あげたような、変わりたい自分でありながら変われないというジレンマを抱えています。では、どのようにしたら変わることができるのか。答えは簡単です。

当たり前が変われば行動も変わる

はい、変わる方法とは「自分の当たり前の水準を強制的に変える」という手段です。当たり前が変われば必ず行動や意識も変わります。

どういうことか具体的に説明していきます。

例えば、僕の例。カナダのトロントにはコンビニがほとんどないということを以前紹介しましたが、補足すると自動販売機もほぼほぼありません。本当にトロントに来て1個しか見たことないしそれも使い方がわからなかった()

【カナダトロント生活】コンビニがない?生活は不便だけど日本が異常なのかも

2018.12.23
この時点で僕の当たり前は変わらざるを得なくなりました。日本にいた頃と同じように毎日ベットボトルのジュースを買い持ち歩く生活をするためには、自分自身でわざわざ少し離れた(海外の少し⇒察してください)スーパーまで購入しに行かなくてはなりません。しかも日本より高価です。

買いに行くのはいいのですが、とりあえず我慢して家から浄水を持ちそれを飲むことにしてみました。最初の一週間もちろん今までと大きく異なる生活に違和感を覚えましたが、一週間が経過した頃ふいに変化した自分に気付いたのです。

「水うめー、一生水だけで生きていけるかも」

トロントでは飲み物にたどり着くことすら大変だから、水が本当に貴重なモノに感じ始めたのです。水が飲める喜びを実感し始めたというところでしょうか()

だから、今の僕にジュースは必要なくなりました。水道水の浄水で我慢できます。とういか、むしろ我慢とかではなくて好んで飲みます()

このように自分の生活水準を少し下げたところで、何も問題は起こりません。一週間、長くても一か月が経過すればその水準に慣れてきて自分の当たり前が変化します。こうなれば味を占めたものです。僕は節約にも成功するし、健康状態も良くなることでしょう。

この例を参考に、望む結果から逆算して実際の行動に取り入れればいいというだけの話です。僕と同じようにペットボトル購入の出費が重なっていて節約したいと望むのであれば、逆算してペットボトルに手が届かない生活を続けてみればいい。

もし親が用意してくれるお菓子が原因で太ってしまうのであれば、親にお菓子を用意しないようにお願いして、食べたいのであれば自分で購入しに足を運ばなくてはならない環境にしてみればいい。禁煙だってなんだってこの考え方を応用できるはずです。

そうしたら、自分の当たり前がだんだん変わってきて今まで想像できなかった新たなモノの見方ができるはずです。

習慣を変えるために敢えて「過酷な道」を選択

もう一個。僕が一人で早起きできるようになった話に関連してお話しします。

自分がいつもやってしまうミス。例えば、朝どうしても起きれない。この原因はおそらく「甘え」が原因であることが多いです。「お母さんが起こしてくれるから大丈夫」「どうせ誰かが起こしてくれるから大丈夫」

当てはまる人も多いのではないでしょうか??

このような人にお勧めしたいのは「自分を過酷な状況に置く」という方法です。

親に起こしてもらうのが当たり前になっている人は「明日からは絶対に起こさないで!」と頼んでみる。こうすることで「やらなければいけない環境。つまりすべて自分に責任がある環境」が整います。人間ってこういう状況になると強いものです。

「もし自分で起きれなかったりしたら会社で怒られてしまう・・・」「寝坊したら友達に嫌われてしまう・・・」などなど自分を苦しい環境に置き、その環境に慣れさせるといいでしょう。

そうすると、いつの間にか当たり前の水準が変化し著しく成長した自分を見れるはずです。一人で起きれない自分に嫌気がさしている人には「一人暮らし」という選択も有効な手段でしょう。即日変化が現れます(体験談)

まとめ

まとめですが、人は小手先の手段で簡単に変われるほどよくできたものではありません。変わるには自分の当たり前の水準を変化させることが重要です。

敢えて厳しい環境で生活してみて価値観を変えることが必要です。しかし、これを実践するには勇気が必要なことも事実です。たいていの人がここで頓挫してしまいます。結局のところ「やるかやらないか」の問題であるということです。

そして、やる選択ができた人はそれをしばらく継続してみてください!そうすればあなたが成長する瞬間である「当たり前の水準の変化」の時がいつの間にか訪れているはずです!Just Do It!!

【留学>>>英会話教室】徹底比較!違いは「挫折の連続による必要に駆られた勉強」

2019.01.04

【悔しさをバネに】長続きしない感情ですぐに忘れる。だからある1つのことだけ意識しよう

2018.10.29

【三十路の日とは?】三十路祭り?30歳の「成人式」について参加方法や違いをまとめた

2019.01.21
スポンサードリンク