【海外でのチップ負担】ポケットマネーになるからサービスの質は圧倒的に良い

トロント留学体験記(マル秘)
スポンサードリンク



こんにちは!みふたです!

旅行や留学など、海外での生活をしていると日本では気にする必要のなかったことを気に掛ける必要があります。それは異文化間で慣習のちがいであったり、ルールの違いなど様々です。

その中でも、日本人に馴染みがなく、海外経験のない人が必ず気にする必要のある事として「チップ」の問題があります。

普段日本にいるとチップとは無縁の生活を過ごすので、初めて海外でチップを求められると衝撃を受けますよね()

チップの負担

「なんで日本と同じサービスを受けているだけなのに、チップを払わなくてはいけないんだ」ってチップに対してマイナスのイメージを抱く人も多くいると思います。

実際にチップの平均は会計の15%~20%ほどが一般的であるため、結構負担が大きかったりするのも事実です。

チップの払い方や負担方法については他の記事でまとめますので、そちらでご覧ください!

このチップによって外食すると負担が大きくなることは確かですが、意外にもこのチップの制度悪くないなと感じています(笑)

チップの仕組みは単純です。レストランなどで自分の席を担当してくれた店員さんに対して、そのサービスに対してお金を払うというものです。

チップを導入している国のお店では、各席に担当の店員さんがつきます。その人へのお礼ということです。

そのチップは自分の席を担当していた店員さんのポケットマネーになります。

サービスの質は圧倒的に良い

こういった説明をするとチップに対するマイナスの感情を引き起こさせそうですが、実際にチップがある店でのサービスはそのチップ代金に見合った額となっています。

何が言いたいかと言いますと、日本の飲食店等の店員さんと比較して「店員さんのおもてなし感」が違います。

裏の話をすれば、チップは払わなくてもやり過ごすことができます。そのため、店員さんはチップを確実にもらうためにも最上級の対応をしてくれます!

万が一にもお客様の気分を害したら痛い目を見るのは自分自身ですからね()そのような裏の事情はあるにせよ、チップがある国でのサービス業は本当に本当に充実しています。

飲食店に行けば、何かを欲すれば常に店員さんが自分から気付いてすぐに駆け付けてくれますし、めちゃくちゃフレンドリーに話しかけてくれますし嫌な顔一つ見せずに何から何までやってくれます。

本当に「日本のそれ」とは異なります。金銭のモチベーションはあるにせよ、仕事に対するやる気や熱意が違います。なので、こっちから進んでチップをあげたくなってしまうというのも事実です。

皆さんもチップの負のイメージだけに固執している方がいたら、「日本でのサービスの質」との違いに意識してみるといいと思います!チップに対する意味付けが大きく変わると思いますよ!

金銭モチベーション最強すぎる!!

日本人の学力や識字率は低いのか?母国語を読めない人の割合は3割越え(PISA・PIAAC)

2019.02.04

【三十路の日とは?】三十路祭り?30歳の「成人式」について参加方法や違いをまとめた

2019.01.21

【語学留学1ヶ月目】実際の効果は?感じた悩みと英語力や行動の変化

2019.01.15
スポンサードリンク